住まいのリフォームマルシチの家 地域の皆様に支えられて、おかげさまで80周年
お問い合わせ/資料請求会社概要新築をお考えの方

リフォームの豆知識

外壁をきれいにしたい

一般のご家庭の外壁によく使われるのがモルタル。このモルタル壁の表面には凹凸がある場合が多く、埃やゴミが付着して汚れやすいものです。これを業者に頼んで塗り替えをすると、建物の大きさによっては、数十万円の出費になることも。あなたにもできる外壁の塗り替え・補修についてお教えします。

 

外壁の塗り替え

 
image012

準備するもの

 

外壁用塗料
かならず外壁用のものを選ぶ。中でも水性弾性塗料がベスト。 これは塗膜にゴムのような弾力性があるもので、 モルタルにヒビが入っても塗装面 には影響がなく、 少々の亀裂でも問題ありません。
ローラー/刷毛 (ハケ)
ローラーは普通のハケに比べて効率が良く、広い面積を塗るのに便利。 専用のきめの粗いローラーで塗れば、吹き着けのような仕上がりに。 ローラーで塗ることの出来ない細かいところには、ハケを使って。 雨どいや軒下、窓枠のまわりなどを塗るのに重宝。
新聞紙/マスキングテープ/バケツ/デッキブラシ/家庭用洗剤/※脚立

 

やり方

 

image013【1】汚れた外壁を洗う
バケツに家庭用洗剤を水でうすく溶いて、デッキブラシで壁の汚れを 落とす。その後、十分に乾燥させること。
【2】塗らない部分をマスキン
新聞紙とマスキングテープを使って窓枠や雨どいなどをカバー。 地面にも新聞紙を広げておいた方が良い。
【3】下塗りの防水塗料を塗る
下塗り用の防水塗料 (シーラー) を塗っておくと防水効果 が高くなる。 モルタルの浸食が激しいときは、時間をおいて2度塗りすると良い。
【4】全体を塗る
ハケで細かい部分を塗ってから、ローラーで全体を塗る。ローラーを左右→上下に動かして2度塗りすると美しい仕上がりに。1回塗り用の塗料の場合は上下に塗る。