住まいのリフォームマルシチの家 地域の皆様に支えられて、おかげさまで80周年
お問い合わせ/資料請求会社概要新築をお考えの方

リフォームのお知らせ

自然の力に守られる優しい暮らしを愛知県の「丸七ホーム株式会社」がご提案します

「木」の性質を知り尽くしたプロのリフォーム屋さん「丸七ホーム株式会社」は、キッチンやバス、トイレ等の水回りから洋室・和室、子供部屋、寝室、玄関等、天然木を使用した身体に優しいリフォームをご提案致します。
「木」を知っているからこそ再現可能な暮らしの新しいデザインと断熱改修や耐震補強によってより安心で快適な住まいづくりは愛知県の建築会社「丸七ホーム株式会社」にご相談下さいませ。

快適住まいの断熱リフォーム

丸七ホームでは、新築住宅の高気密・高断熱の技術を活かした断熱リフォームを行っています。
断熱改修工事には様々な方法がありますが、弊社ではそれぞれの建物に合った断熱材を使用して工事を行います。ただいま工事中の豊田市A様邸の断熱改修工事についてご紹介したいと思います。

 

A様のご両親様の家は、15年前に弊社で新築工事をさせて頂きましたお住まいです。基礎から屋根までの外断熱の高気密・高断熱工法の住まいで、猛暑の夏や激寒の冬でも温度差が少ない室内でとても快適に過ごして頂いております。

 

A様はご結婚され、2人のお子様とマンション住まいをされていましたが、亡くなられた祖父母様が住んでいらした家に住むことになりました。その家も26年前に弊社でつくらせて頂きましたが、壁は荒壁、断熱材は天井部分のみで断熱効果は少なく、冬の寒さ対策に掛かる暖房の出費が多いものでした。お父様の家(実家)と比べて住み心地が違うため、今回断熱改修工事を行うことになりました。

 

この建物は2階建て木造在来工法・延べ床面積190.05㎡(57.49坪)で、家全体を断熱改修すると費用が嵩みますので、1階部分のみ130.43㎡(39.45坪)を断熱改修することになりました。工事はまず1階の内装を全て撤去し、床と壁・天井にアイシネンという発泡断熱材を施工し、窓は外観デザインとの取り合いもあり、現状のサッシ(窓)の内側に新しい窓を取り付けて二重窓にし、断熱性と気密性を高めます。そして、換気空調設備は、弊社で独自開発しました次世代全館空調「MaHAtシステム」を採用し、1階の全ての部屋を新鮮な空気と温度差が少ない快適な住まいとしてリフォームを行いました。

 

A様邸の改修工事も、もうすぐ完了します。今まで感じていた住まいのストレスが解消され、家族皆様が楽しく快適に過ごして頂けると思います。現在は宮城県にお住まいですが、8月には完成した我が家に戻ってみえます。今までのお住まいとの違いにきっと感動して頂けると思います。

 

今年の夏は急に猛暑となり、家に中にいても熱中症の危険があります。弊社では、夏の暑さや冬の寒さでお困りの方にこのような断熱改修工事のご提案をしております。どうぞお気軽にご相談ください。

 

IMG_4515

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸七ホーム株式会社
http://marushichi-co.jp/
住所:愛知県春日井市御幸町2-3-7
TEL:0120-13-0757 本社:0568-32-0757
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

住まいのリフォーム ~建具を再利用~

全て新しいものを使うだけが、住まいのリフォームの良さではありません。質の良いもの、まだ使えるものは、これからも!! そんな実例をご紹介したいと思います♪

 

《BEFORE》

以前の住まいで使われていた和室の建具。傷みも少なく、まだ使えそうです(*^^)v

林邸既設 017

 

 

《AFTER》

和室の建具をフルに再利用しました! 4本あった建具を手摺に、間仕切りに、埋め込み照明のセードにとフル活用!!建具としてそのまま使用しなくても、アイデア次第で素敵な使い道が沢山あります。

(2) (10)

 

そして、リフォームならではのことがもう1つ。柱や壁が抜けないなど、構造体にある程度の制限がでてきます。しかし、そうであればこそ! その制限を活かしてしまいましょう♪ こちらのお宅は梁が低く、梁の下で天井を張ってしまうと、十分な天井高さがとれませんでした。そうであるならば!梁を見せてしまいましょう(^-^)

 

梁を見せることで、逆に空間を面白くさせています。マイナスをプラスに活かす。リフォームの醍醐味の一つです。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸七ホーム株式会社
http://marushichi-co.jp/
住所:愛知県春日井市御幸町2-3-7
TEL:0120-13-0757 本社:0568-32-0757
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

豊田市住まいのリフォーム ~造作工事~

豊田市住まいのリフォーム、大工造作工事も終盤です!

 

S__4399106

 

こちらは玄関ホール。クロス下地の石膏ボードが完了し、床と壁の境に巾木を取り付けていきます。

 

さて、この石膏ボードですが、通常使われているものと少し色が違うことに気がつきましたか?? 一般的な石膏ボードの表面は少し緑が勝った黄土色のような色をしています。今回使用しているものは、薄紫色。その違いは・・・?

 

実は、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドを吸収分解する性能をプラスした石膏ボードなのです(^-^)その仕組みはコチラ↓↓↓

図1

今では、F☆☆☆☆などホルムアルデヒドの拡散がほとんどない商品の仕様が義務づけられており、丸七ホームでもF☆☆☆☆商品しか使用しませんが、一番大切な「空気の質」に関するところなので、きちんと気を配りたいです。

 

仕上がってしまってからは見えない下地ですが、室内をすっぽりと包みこむ大切な部分です。長い時間を過ごす住まいだからこそ、安心・安全なものを使いたいですね!!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸七ホーム株式会社
http://marushichi-co.jp/
住所:愛知県春日井市御幸町2-3-7
TEL:0120-13-0757 本社:0568-32-0757
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

住まいのメンテナンス ~外装塗替~

2002年に丸七ホームでご建築いただいた春日井市S様邸の外装塗替え工事を行なっています。お引き渡しから13年。早いものですね(^_^;)

 

S様邸の外壁はタイルや石を用いていますので、塗替えの必要はありません。しかし、瓦屋根のすぐ下の破風や鼻隠し、軒裏部分が紫外線等により色あせてきましたので、ぱちっとした色目に塗替えることになりました。外部足場を組みますので、一緒に外壁や手入れが行き届かない高所の窓なども洗浄し、建物外部全体をリフレッシュさせます♪

 

《BEFORE》

IMG_4384

 

《AFTER》※工事進行中(クリーニングは今からです)

IMG_4415

 

塗装工事ほぼほぼ完了です!赤いレンガ調タイルに映えるグリーンのアクセント♪ 今回は耐久性の高いフッソ塗料を使用しています。仕上がりもキレイ!塗装工事が終わると、外壁・窓のクリーニングへ! 泥やクモの巣などを洗い流し、スッキリきれいに仕上げていきます(^O^)/

 

定期的な住まいのメンテナンスが、建物の長寿命化に大きく関係します。「傷んできたな」と感じたら、早め早めのメンテナンスがポイントですよ~!(防水に関わるところは特にです!!)

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸七ホーム株式会社
http://marushichi-co.jp/
住所:愛知県春日井市御幸町2-3-7
TEL:0120-13-0757 本社:0568-32-0757
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

天然木リフォーム ~杉(すぎ)~

桧と並ぶ日本の代表的な建築材料として使われている木材と言えば、「杉」ではないでしょうか? 丸七ホームの生まれ故郷である岐阜県で生産される杉は、長良川流域に多いため、「長くて良い杉」という意味も込めて「長良杉」と呼ばれています。

 

同じ杉材でも、生育する地域によって色や木目に違いがあります(^-^)では、岐阜県が誇る「長良杉」の特徴はどのようなものでしょうか?

 

≪目が均一で冬目が太いため、仕上がり後の表情が豊かです。天然乾燥のため杉本来の艶と色を保つことができ、施工後の狂いも少ないのが特徴です。杉は一般的に、辺材は白色、心材は淡い紅色から赤褐色で、時折黒褐色を帯びています。白太と赤身が混在したものを「源平」と呼びますが、特に長良杉はこの源平の美しさが際立ち、木目の美しさに定評があります。》

 

丸七ホームの体感モデルハウスにも、杉材が多用されています。「木楽」には吹き抜けの天井材に、白太の杉を使用。大工の技と杉の魅力が最大限に活かされた空間になっています。

IMG_1333

 

もう1つのモデルハウス「ソラーナ」でに和室の天井材に杉の羽目板をつかっています。こちらの杉板には着色塗装を施し、アンティークな味わいをプラスしています。

和室

 

光を柔らかく乱反射するから目にも優しく、森林浴をしているかのような香り高さ。杉は柔らかい材質のため、床材としては注意が必要ですが、壁や天井のパネリング材としておススメです♪

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸七ホーム株式会社
http://marushichi-co.jp/
住所:愛知県春日井市御幸町2-3-7
TEL:0120-13-0757 本社:0568-32-0757
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇